冠婚交際ではよく兄弟が受付をします

冠婚葬祭の受付は、親族の人がやる場合が多いですが、自分たちは兄弟が多く年齢もそれなりになったので、兄弟で手分けして行うことが多いです。
自分の結婚式の時は弟が受付をしてくれましたが、弟が非常に自分に似ているので、参列者の友人が「なんで新郎が受付をしているのか」と、弟に間違って声をかけてしまったことがあります。
しかも、声まではかけなかったが、疑問に思っている友人が他にもいたので2次会はその話が結構盛り上がりました。
自分としては身長も性格も違うし、そこまで似ていると思わないので不思議だと思いました。
また、祖母の葬式では自分が担当をしました。
最初は粛々とやっていましたが、ある時間になると急激に人が増えて、案内や香典の整理や香典返しを渡すにバタバタしてしまった記憶があります。
自分はわりと要領は良い方ですが、ちょっと考えが甘かったと実感しました。
感傷に浸る時間もあまりなく、淡々と式は進んで行き火葬の時になってようやく実感がしてきて涙が出てきました。

オリスマの大人気スマホ関連商品

南大沢で便利なレンタカー

家を見守る新しいカタチ

冠婚葬祭な受付について

結婚式や葬式などについては、冠婚葬祭の行事になっています。
幸せなことや不幸なことも含めてこの

サンプルイメージ2

葬式で受付を頼まれたら

冠婚葬祭とは、人が生まれてから死ぬまでに行われる儀式のことです。
どの儀式にも受付は必要です。

Copyright© 冠婚葬祭 受付 All Rights Reserved.